unerry

NEWS

HOME | NEWS | 西武プロパティーズ駅ナカ商業施設「エミオ石神井公園」での実証実験において、オフライン行動データプラットフォームとして「BeaconBank」が選ばれました

西武プロパティーズ駅ナカ商業施設「エミオ石神井公園」での実証実験において、オフライン行動データプラットフォームとして「BeaconBank」が選ばれました

2017.11.20

お知らせ

株式会社西武プロパティーズが、開発・運営を行う駅ナカ商業施設『エミオ石神井公園』において、本年11月25日(土)からサービス向上を目的とした実証実験として、スマートフォン用アプリ『エミオ石神井公園情報アプリ』を通じて、位置情報の活用や行動分析を基にした情報を配信します。

なお、本アプリはオフライン行動データプラットフォームである『BeaconBank』(株式会社unerry提供)を利用し、位置情報を基にして情報を発信します。また、テックファーム株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:千原信悟)がIoTパートナーとなりサービス・企画検討からシステム開発・分析を支援します。

西武鉄道駅ナカ商業施設『エミオ石神井公園』でBeaconを活用した実証実験を開始 〜 提案型情報配信プラットフォームの構築を目指し、沿線サービス向上に向けた取り組みを推進します 〜

企業情報・各種サービス・実績など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせの際は、
プライバシーポリシーもご覧ください。