unerry

NEWS

HOME | NEWS | 三菱地所と富士通設立の「丸の内データコンソーシアム」にて、街や社会に対する新たな価値提供に向けたプロジェクトを開始します

三菱地所と富士通設立の「丸の内データコンソーシアム」にて、街や社会に対する新たな価値提供に向けたプロジェクトを開始します

2019.09.12

お知らせ

三菱地所株式会社(以下、三菱地所)と富士通株式会社は、東京・丸の内エリアにおいて、データ活用を通じて街や社会における新たな価値や新たな事業の創出を目指す「丸の内データコンソーシアム」を2019年9月12日に設立しました。
unerryは三菱地所とともに、丸の内エリアに約 1,000 個のビーコンを設置し、街における人々のリアル行動データを解析し見える化します。また、リアル行動データや IoT の活用により、来街者が行動特徴に応じてより快適に過ごせるようなスマートシティ化に繋がるイノベイティブなサービスを検討します。

「丸の内データコンソーシアム」を設立~データ活用を通じて街・社会に新たな価値や新たな事業の創出を目指す~(三菱地所プレスリリース)

企業情報・各種サービス・実績など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせの際は、
プライバシーポリシーもご覧ください。