unerry

NEWS

HOME | NEWS | 成田空港第3ターミナル(LCC専用)をご利用のお客様の旅をオトクに便利にする成田空港のアプリが、unerryのリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank SDK」を採用

成田空港第3ターミナル(LCC専用)をご利用のお客様の旅をオトクに便利にする成田空港のアプリが、unerryのリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank SDK」を採用

2020.03.02

リリース

リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank®️」を運営する株式会社unerry(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:内山 英俊、以下、unerry)が提供するスマートフォンアプリの機能開発ツール「Beacon Bank SDK」が、成田国際空港株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:田村明比古、以下、成田空港)が試験導入するアプリに採用されました。
成田空港第3ターミナルで「ナリタニスト公式アプリ」をご利用になる際に、旅がもっと楽しくオトクになるための技術(出発・到着時のデジタルスタンプの自動付与、クーポン・情報配信)とマーケティングツールを提供します。

採用の背景

「空港内ならでは」の体験によるお客さまの満足度向上

第3ターミナルからの出発・到着時に自動でスタンプが貯まるデジタルスタンプカードなど、高い検知精度が求められるため、GPSとBluetoothビーコンを併用する技術面でBeacon Bank SDKが選ばれました。デジタルスタンプは、ダウンロード時・出発時・到着時に各1個に取得でき、1個につき1回「LCC往復航空券」などが当たる抽選に応募することができます。

オープンプラットフォームによるデータ活用
成田空港ではお客さま満足度向上のため、アプリのご利用状況だけでなく、「Beacon Bank SDK」を通じて得られる空港内施設のご利用状況や、行動データ(*)をマーケティング情報として活用していくことが本施策の大きな目的となっております。今後の展開としまして、ご利用者の行動DNA(*2)を踏まえた情報配信やプレゼント企画なども視野に試験導入を進めることが予定されています。


* SDKおよびアプリでは名前や電話番号等、個人を特定できる情報は一切取得・使用しません。取得した利用者属性や行動データは、個人を特定出来ない状態で統計情報化し、マーケティングを目的として活用します。
*2 Beacon Bank SDKでは、リアル行動ビッグデータから、行動特徴のみを取り出してAI解析することが可能です。例えば、美術館や博物館等の文化的な施設が好き、行動量が多くアクティブ等のことが指数化されたデータからわかります。

ナリタ二ストアプリの概要

  • アプリ名称 : ナリタニスト公式アプリ
  • 目的 : 第3ターミナル国内線利用者の満足度向上、利用者の属性把握及び行動データの分析
  • 配信期間 : 2020年3月2日(月)~ 2020年5月31日(日)
  • 特設サイト :https://naritanist.net/app/spot.html
  • ご旅行に際しましては、新型コロナウイルス感染症に関する政府・各省庁からの最新情報をご確認ください。
    新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、罹患された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。
    感染症の早期収束により旅をお楽しみ戴けることを、祈念しております。

    < 本件に関するお問い合わせ >
    株式会社unerry
    担当:鴨志田 美樹 、内山 麻紀子
    E-mail:information@unerry.co.jp

    企業情報・各種サービス・実績など、
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせの際は、
    プライバシーポリシーもご覧ください。